【 姉貴はただ今授乳中】乳首をチュパチュパすい、姉も興奮〜姉はヤンママ授乳中in熱海編・実家編

姉貴はただ今授乳中と言う漫画を読みました。

姉は結構もして、子供が2人います。

旦那がいない時に、弟が姉に会い、セクシーな姿にムラムラ。

 

【姉はヤンママ授乳中in熱海編】

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画はBookliveコミックで

漫画名を入力して検索すると

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

この漫画のネタバレ

姉が、おっぱい飲む?って冗談で言ったら弟はその気に。

 

乳首をチュパチュパすい、姉も興奮して弟のちんこを舐めまくり、マスターベーションします。

すると、弟は姉の口の中に精子をぶち込んじゃいました。

 

もぅ、弟の欲求が収まらず、姉を突き倒し生で挿入。ちんぽがデカイので、姉もいきまくります。

【姉はヤンママ授乳中in熱海編】

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画はBookliveコミックで

漫画名を入力して検索すると

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

この漫画の感想

そんな中、2人の相性はバッチリで弟は旦那がいないすきを見計らって度々姉に会いにいきます。

「あたしと、付き合ってもらえませんか?

 

初めて、コンビニで見たときから、好きでした」「コンビニって、俺のバイト先の?」よく見ると、二重瞼で大きな瞳、あひる口で、可愛い子でした。

 

「はいぃ」その子は俯きます。「小学生だろ?」

 

「はい、小5の11です」それまで何人か適当な女を家に連れ込んでエッチしていましたが、さすがに小学生とはありませんでした。

 

「男と女が付き合うって、何するか知ってんのか?」

 

「はい」とその子は顔を上げ、「知ってます!」と気丈に言い切りました。

 

 

「名前は?」「沙織です」「俺は直樹だ。

 

 

俺は一人っ子で今日は親父もお袋も仕事で、家には誰もいねえ。俺の女になりてえんなら、今日、俺とセックスしろ。

 

いいか?」「はい!」と半歩ほど前に出た沙織は「お願いします!」と言い放ちます。

 

「おまえ、生理は?」

 

「まだです」沙織の目が輝いていました。

 

「じゃ、生中だしで俺の女にしてやる。入れ」「宜しくお願いします」と深く一礼して、沙織は私が開けたドアの中に入ってきました。

 

部屋に着くなり、沙織をベッドに倒し、全裸に剥いて、まだ毛が生えていないツルツルマンコをしゃぶりました。

 

「あっ、あっ、あっ、直樹さんっ!す、すごい!」と沙織は僕の髪を撫で回します。

 

ズボンとトランクスを脱ぎ捨てた私は「いくぞ!」と濡れ濡れになった沙織のツルマンにギンギンチンコを生挿入します。「う、う、ううう」と顔を真っ赤にして、その初めての痛さに沙織は耐えていましたが、僕は構わず根元までチンコを挿入しました。

 

キツキツの小学生マンコに耐えられなくなった僕は、10回ほど腰を振って、中でだしました。ここれが、僕の妻です。

【姉はヤンママ授乳中in熱海編】

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画はBookliveコミックで

漫画名を入力して検索すると

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

【姉はヤンママ授乳中in実家編】

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画はBookliveコミックで

漫画名を入力して検索すると

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

この漫画のネタバレ

姉と息子と弟と3人でお風呂に入っている時も、姉の息子が見てない間に挿入しちゃい、奥までつきまくり、声を押し殺し2人はいきまくっちゃいます

弟は我慢ができず、姉のお尻に精子を出しちゃいます。

それを息子に見られちゃった時に、ボディーソープと言い訳したのが凄いと思いました。

プールに入る時も、ピチピチの水着を着た姉にまた弟は興奮して息子の前で胸を揉み始めちゃうのがやばいです。

 

息子の目の前で、セックスするのはありえないけど、漫画なら許せる!中出しをしちゃうのはありえないと思いました。旦那さんがかわいそうです。

 

【姉はヤンママ授乳中in実家編】

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画はBookliveコミックで

漫画名を入力して検索すると

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

この漫画の感想

 

妻とは出会ってすぐにエッチ私が高校2年の17才で妻がまだ初潮前、小5の11才のときに出会いました。

 

きっかけは、妻からの逆ナンです。

 

学校から家に帰ると、私の家の玄関先に、身長がまだ140センチにも満たない、ショートボブ風の髪、白とブルーのボーダー柄のロングTシャツを着て、ジーンズのミニスカートを履いた女の子が一人で立っていました。

 

何だこいつ?みたいな雰囲気と目つきを漂わせて通り過ぎようとしたときです。

 

「あのぅ」とその子が、顎を引いた不安そうな上目遣いで、僕に話し掛けてきました。

 

「何?」そのとき、小学生に声を掛けられて、何やら、怖さみたいなものを感じていた僕は不機嫌な返事をしたと思います。

 

 

【姉はヤンママ授乳中in実家編】

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画はBookliveコミックで

漫画名を入力して検索すると

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓